「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

早期専門教育

Early education

早期専門教育

高校だからできる3年間の総合教育

「高校を卒業してからでも遅くない・・・」その考えは間違いではありません。
しかし1~2年という短い期間で就職を目指す専門学校と異なり、3年間ある高校だからこそできる総合教育は大きなメリットです。
レコールバンタン高等部では、全くの初心者から業界水準の技術習得を目指し、さらには現場対応力を身につけるための充実した職業体験により、生徒1人ひとりの技術と感性を磨いていきます。

「年齢」よりも「技術」「経験」重視のパティシエ、調理、バリスタ業界

現在活躍しているプロのパティシエ、シェフ、バリスタは多くの経験を積んで今に至っています。この業界は年齢より経験。つまり目的を持ったならスタートは早いほど多くの経験ができ、有利なのがこの業界の特長です。高卒資格もしっかり取得し、豊富な実習で実力を磨いたレコールバンタン高等部卒業生は10代でプロフェッショナルとして活躍できます。

  • 「年齢」よりも「技術」「経験」重視1
  • 「年齢」よりも「技術」「経験」重視2
  • 「年齢」よりも「技術」「経験」重視3
  • 「年齢」よりも「技術」「経験」重視4

就職に必要なマインド、感性をみがく3年間の実践カリキュラム

感受性豊かな中高生での経験は将来、必ず財産となります。だからレコールバンタン高等部ではプロから直接技術や心構えを学び、業界最先端の人気ショップ、シェフとのコラボレーションカリキュラムで沢山の方を笑顔に出来る経験を重ねていきます。そして在学中から実践にチャレンジし、現場で即戦力となる技術とマインドを身につけます。

  • 就職に必要なマインド、感性をみがく1
  • 就職に必要なマインド、感性をみがく2
  • 就職に必要なマインド、感性をみがく3
  • 就職に必要なマインド、感性をみがく4

業界からのメッセージ

クリストフ・ミシャラク

ミシャラク・マスタークラス オーナーパティシエ
クリストフ・ミシャラク

これからパティスリー業界を目指す人達に必要なものは、次の3つだと考えます。 1つ目はやる気!2つ目は、学ぶ姿勢、3つ目は情熱です。私は人にパティスリーを指導する時、自分のことを伝えながら教えていきます。少年時代の事、旅行した時の話、そこで出会った人や食材…。その時々に味わった感情を思い出しながら、お菓子を作っていくのです。世界中を旅する事で持てた自分にとって大切な「出会い」に敬意を払い、そこから自分のお菓子を考えだして行くのです。それは様々な所で出会った人達の支えがあってこそ、今の自分があると考えているからです。
クリストフ・ミシャラク02

■profile/クリストフ・ミシャラク
(ミシャラク・マスタークラスオーナーパティシエ)

2000年からパリのミシュラン3つ星ホテル「プラザ・アテネ」シェフパティシエも務めたクリストフ・ミシャラク氏はクラブデシュクレの創立メンバーでもあり、また2005年に開催されたクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(世界パティスリー大会)でキャプテンとしてフランスチームを優勝に導いた、今フランスで最も人気のあるシェフパティシエの一人です。2013年にフランスパリにて製菓教室も兼ね備えたパティスリー「ミシャラク・マスタークラス」をオープン。

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加