「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

目指せ、甲子園優勝!?学内コンテストを勝ち抜いた学生が、秘密のレッスン!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.05.29東京

おしゃべりもせず、作業に打ち込むレコールバンタン高等部の学生たち。

なにやら、とても小さなものと格闘していますが……?

 

実は、今回は貝印スイーツ甲子園に向けての特別授業です。

 

<貝印スイーツ甲子園とは?>

キッチンを舞台に、熱戦が繰り広げられるスイーツ甲子園。

レコールバンタンの先輩たちは

第7回大会優勝を果たすなど、その歴史に名を刻んできました。

 

★参考URL http://www.lecole.jp/topics/blog/detail/1317.php

http://www.lecole.jp/topics/blog/detail/1954.php

 

 

実習室には、去年の決勝大会に出場した

「東京らんこんとる」の姿も。

「今年こそ、優勝します!」と市村さん

気合い十分です!

 

1_500x334_0_90.jpg

 

「自由課題のテーマは『わたしのまちの新名物』です。

まだ、デザインを決めきれていない部分もあります」と、齋藤 奈月さん。

描いたスイーツのイメージをもとに……

齋藤 美久さんと、市村さんは飾り付け作りを練習中

 

2_500x334_0_90.jpg

 

齋藤 奈月さんは、飴細工に力を入れています。

「ジャパン・ケーキ・ショーで、すばらしい飴細工を見て以来

ずっと好きなんです」と、にっこり。

実は、スクールでは未だ飴細工の授業は始まっていません。

独学と、講師の方々に教えてもらい技術を習得してきたそう

 

こまめに、チョコレートの温度を測定している学生もいました。

これは「テンパリング」と呼ばれる作業です。

チョコレートのなめらかな口溶けとツヤを出すための

温度調整のこと。

 

こちらのチームのテーマは「栃木県」。

「大島さんが栃木県の出身ということで、栃木県を選びました。他のメンバーは、千葉出身なんですけど笑」

 

しか〜し!

飴細工がなかなか思うように仕上がらず……

頭を抱えていました。デザイン変更も、ありえるかも!?

 

3_500x334_0_90.jpg

 

また、「マジパン」でせっせと飾りを作っている学生も。

マジパンとは、粉末のアーモンド、砂糖、卵白をこねてペースト状にしたもの。

洋菓子の装飾に使われるもので、一応食べられます

(でも、学生たちによると「あんまりおいしくない」んだとか

 

4_500x334_0_90.jpg

 

「できてく感じがすき♪」という学生もいれば

「細かい作業が多くて苦手……」という学生も。

マジパンに色粉(いろこ)と呼ばれる食用色素を混ぜて、

イメージした色を作ります。

 

5_500x334_0_90.jpg

 

また、自由課題と並行して練習しているのが、課題作品の練習です。

今回のテーマは、「ジェノワーズにクリームをサンドしたデコレーションケーキsmiley

 

ジェノワーズ(スポンジ)を焼く係、

クリームを塗る「ナッペ」をする係、

そして、「しぼり」をする係

の3役にわかれて、仕上げます

 

「一発で仕上げなきゃ!」と意気込んだものの

思うようにジェノワーズが焼き上がらずしょんぼりしているコも……

「今日は失敗してもいいから、気持ちを切り替えていこう!」と、

原島講師が励まします

 

6_500x334_0_90.jpg

 

そこへ、「東京らんこんとる」の齋藤 奈月先輩が登場!

「焼く時間に気をつけて。予選のときは専門学校だったから業務用オーブンを使えたけど、

決勝のときは家庭用オーブンだったよ。火力もちがうので、よく見てね」

と、アドバイスしてくれました

 

 

スイーツ甲子園に向けて、着々とチームワークを磨き

ピッチをあげている学生たち。

高校生パティシエの頂点を目指して、がんばってくださいね

 

7_500x334_0_90.jpg

 

 

次の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加