「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

『東京らんこんとる』チームが出場!!第9回貝印スイーツ甲子園関東ブロックを完全レポート!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.08.04東京

「これは、なんですか?」

「課題作品の生クリームを作っています」と、

テレビカメラに向かって説明する齋藤美久さん。

 

0018__DSC7119.jpg

 

今回は、武蔵野調理師専門学校のキッチンから、

スイーツ甲子園大会関東ブロック大会の様子をレポートします!

 

0012__DSC7106.jpg

 

<スイーツ甲子園とは?>

貝印が主催する、高校生のパティシエ日本一を決めるコンテスト。

高校生3人1組でチームとなり、世界にひとつしかないスイーツを創作します。

ちなみに。

第7回大会ではレコールバンタン高等部「すまいる」が優勝を果たしています!

 

 

 第9回大会では、

課題作品の「ジェノワーズにクリームをサンドしたデコレーションケーキ」を2時間以内に、

自由作品の「わたしのまちの“新”名物」スイーツは3時間以内に、同時進行で完成させなくてはなりません。

 

0038__DSC7149.jpg

 

「バター入れます」と、市村さんが言うと

齋藤奈月さんも「熱いの通りまーす」とメンバーにかけ声をかけます。

これはお互いに状況を知らせつつ、予期せぬハプニングをさけるため。

 

この日はTV局の取材が入りました。

そのため、調理中もレポーターのタレントさんから質問を受けます。

「これからアッセンブラージュ(組み立て)していくので形になっていきますよ」と、

審査員を務めるPatisserie La Rose des Japanais(パティスリー・ラ・ローズ・ジャポネ) オーナー五十嵐シェフが解説。

 

<残り2時間>

レポーター「レーザー温度計を使ってるなんてスゴいですね。それに……調理台の上に、ものが少ない!」

市村さん「出していると先生に怒られるので……」と苦笑い。

(どちらの先生かは、レコールバンタン生ならピンときたはず!)

 

0058__DSC7174.jpg

 

レポーター「プレッシャーはありますか?」

市村さん「そうですね。友だちも後輩も応援に来てくれているので負けられないです」

 

ここで奈月さんが、飴細工に取りかかりました!

赤、黄、オレンジを使い分け、どんなものを作るのでしょうか?

飴は、熱いうちが勝負。

何度もひいてのばし、空気を含ませながらツヤを出していきます。

 

0110__DSC7244.jpg

 

<残り1時間30分>

美久さんは、ジェのワーズの絞り出し工程に入りました。

 

0163__DSC7325.jpg

 

レポーター「飴を保管するのに、箱に入れるの?」

奈月さん「はい。箱の中には湿気取りも入っています。湿気でないちゃうので」

レポーター「ないちゃう!?」

奈月さん「ベタベタになっちゃうんです」

 

インタビューされたり、カメラがグッと手元に寄ったり、多くの観客がいたり……。

たくさんの人々の視線が注がれるなか、

お菓子作りに集中するのは並大抵のことではありません。

 

美久さんは、プラチョコで桜の花びらを、

市村さんは、マジパンで紫のドレスを着た女の子を作ります。

髪の毛一本いっぽん、細かな部分にまでこだわります。

 

<残り1時間8分>

「東京らんこんとる」チームは

5チーム中いちばん最初に、課題作品を提出しました!!

 

0172__DSC7336.jpg

 

奈月さんは、飴細工を進めています。

金メダルをイメージした聖火台の上に、先ほど作った炎色の飴を

グラデーションでつけていきます。

 

0288__DSC7487.jpg0320__DSC7524.jpg

 

レポーター「おー!すげーキレイ。何でつけているの?」

奈月さん「フロンガスでつけています」

 

<残り36分>

なんと!市村さんは、シンクの掃除を始めました。

 

<残り10分>

いよいよ仕上げに入ります。

美久さんが側面に、色あざやかな桜の花びらをのせていきます。

慎重に、確実に……。

そして、7分を残して自由作品を提出!!!

 

0364__DSC7573.jpg

 

しかし、彼女たちの表情は曇り気味。

美久さん「プラチョコが、ちょっともろいような……」

奈月さん「他のチームの作品を見たら自信がなくなってきました……」

市村さん「まだまだ出来たような気がします」と、不安そうに語りました。

 

アピールタイムでは、ケーキの魅力をシェフたちに直接プレゼン!!

 

作品名は、「chaleur」。フランス語で熱という意味です。ジョコンド生地には米粉を使い、柚子の香りを移したクリーム、苺のクーリを合わせました。

デコーレションは4年後の東京オリンピックをイメージ。オリンピックを通じて多くの人がつながって欲しいという想いと、東京と日本の良さを表現しました。

 

0374__DSC7587.jpg

 

市村さん「無事に終わりました。後は結果を待つだけです」

 

そして、いよいよ結果発表の時間。

審査員の方々より総評をいただきました。

 

0418_NTL_4643.jpg

 

La Vie Douce(ラ・ヴィ・ドゥース)堀江シェフ「環境が違うなか、しっかり作り上げたことは素晴らしいです。自由課題に関しては、5〜6年前と比べると素材が多く、味が複雑になっている印象です。素材をしぼったほうがいいこともあります」

 

五十嵐シェフ「どれも高校生が作った作品とは思えません。みんなに優勝をあげたい気持ちもありますが、数学的にキチッとジャッジしています」

 

0397_NTL_4623.jpg

 

関東ブロック代表は……!!

☆☆☆ レコールバンタン高等部 東京校 「東京らんこんとる」★★★

に決定!!!

発表と同時に、思わず涙をぬぐう学生たち。

応援にかけつけていた保護者様も、大きな拍手と力強いガッツポーズで祝福しました!

 

0422__DSC7615.jpg

 

美久さん「ビックリしすぎて言葉が出ません(涙)」

市村さん「今回はレベルが高かったので、焦りもありました」

奈月さん「リベンジの出場なので、今度こそ全国大会で優勝してパリに行きたいです!」

 

0507_NTL_4707.jpg

 

素晴らしい結果に、心からの拍手を送ります!

全国大会も、頑張ってくださいね!!

レコールバンタンスタッフ一同応援しています!!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加