「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

祝☆第9回貝印スイーツ甲子園決勝進出!439チームの頂点に立ったのは……!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.10.26東京

!!祝!!

 

レコールバンタン高等部「東京らんこんとる」が、

第9回貝印スイーツ甲子園決勝戦に出場しました!!

メンバーは全員高校3年生ということで、泣いても笑っても今回がラストチャンス。

テレビ撮影も入った白熱の決勝戦をレポートします!

 

0012_DSC_0544.jpg

 

テーマは「わたしのまちの“新”名物」。

学生たちは関東ブロック優勝後から、ケーキをブラッシュアップしてきました!

在校生の応援団も気合が入っています!!

 

0076_DSC_1259.jpg

 

<残り50分>

齊藤奈月さんは、「飴」をひいています。後ろの調理台では、冷房があたりすぎて作業が思うように進まず、涙ぐむチームも。そんな中、冷静に作業を進めていく三人。

アナウンサーに意気込みを聞かれると……「今年は、どうしてもパリに行きたいです。周りのレベルが高いですね。ちょっと気になっちゃいます」と市村茉優さん。

 

0049_DSC_0601.jpg

 

<残り30分>

作業中も、有名シェフたちが次々と審査にやってきます。齊藤美久さんは、セルクルを上手にはずすことに成功!デコレーションをしながら、同時に調理台の片付けも進めていきます。

 

0017_DSC_0550.jpg

 

<残り13分>

三人、声を揃えて「できましたー!!」と笑顔。

市村さん「練習よりも綺麗にできました!」

時間オーバーは大幅な減点になります。残り3秒を残し、ギリギリ仕上げられたチームもありました。

 

0058_DSC_0611.jpg 0059_DSC_0656.jpg

 

続いては、試食審査でのプレゼンタイムです。

 

0081_DSC_1269.jpg

 

 

 

市村さん「私たちは、日本を代表する食材で世界にPRできるケーキを考えました。

ケーキの名前は『chaleur(シャルール)』、フランス語で熱という意味です。

生地には新潟県の米粉を使用し、センターに柚子の香りをうつしたクレーム、イチゴのクーリを入れています。

 

ガルニチュールでフランボワーズを入れ、これらの層を引き立てるために優しい甘さのホワイトチョコレートで包みました。

お皿には桜を、側面に五輪をちりばめています。

4年後に、東京と日本の良さをたくさんの人に知ってもらいたい、そして、明るい未来に進んでいけますようにという願いを込めました」

 

0085_DSC_1276.jpg

 

PATISSERIE AU GRENIER D’OR(パティスリー オ・グルニエ・ドール)西原シェフ

「最初に感じられたのは、ほのかな柚子の香り。穏やかな柚子がパッと広がるのが感じられて、とてもおいしかったです」

 

Patisserie Tadashi YANAGI(パティスリー タダシ ヤナギ) 柳シェフ

「米粉の生地がしっかりめですね。味のバランスは取れていますが、米粉の生地が詰まっている感じが気になります」

 

THÉOBROMA(テオブロマ)土屋シェフ

「私も、最後の生地が詰まり過ぎていると感じます。表面のグラサージュはもっと丁寧に塗ってもいいかな。

ケーキの断面は綺麗ですね。飴も綺麗だけれど、もう少しツヤがあってもいいかもしれない」

 

と、やや辛口のコメント……。

 

0099_DSC_0642.jpg

 

競合チームは、瀬戸内海のレモンと白桃を使ったケーキ、3種類の地中海トマトを使ったケーキなど、地元食材を活かしたケーキを提供。とてもハイレベルです!!

 

すべての試食審査を終えて、あとは結果を待つばかり。洗いものをしながら……

市村さん「今年は講師の方や保護者さんがたくさん来て下さり、緊張しました」

齊藤美久さん「テンパリングを失敗しなかったのが良かったです。時間的にも余裕がありました」

齊藤奈月さん「辛口なコメントだったので、心配です」

 

0112_DSC_1301.jpg 0117_DSC_0658.jpg

 

そして!!いよいよ結果発表。

 

0136_DSC_0671.jpg

 

西原シェフ「発表します。

 

優勝は……

おかやま三陽高等学校『rêve』

 

非常に接戦でした。地元の食材というテーマがしっかり表現できていました」

 

0150_DSC_0678.jpg

 

惜しくも優勝は逃してしまいましたが、

「東京らんこんとる」は2位に輝きました。

 

0174_DSC_0696.jpg

 

柳シェフ「味が繊細で素晴らしい。審査員も優勝候補として注目していましたよ。1位との点差はほとんどなく、これまででいちばんの接戦でした」

土屋シェフ「審査は、点数の半分を占めるのが「味」。味のポイントが大きいところに差が出たのではないかと思います。2位は悔しいと思いますが、非常にいい仕事をしていました」

 

0204_DSC_1351.jpg

 

齊藤美久さん「1位はとれなかったけれど、失敗はありませんでした」

市村さん「すごく悔しいです。でも、去年よりいい結果を残せて良かったです」

齊藤奈月さん「力を出し切れたと思います。お世話になった保護者や講師の方々に感謝したいです」

 

0218_DSC_1379.jpg

 

——————————————————————— おまけ。

と、ここまでが収録の様子ですが、実は続きがあります。結果発表のあと、シェフたちと記念撮影をしたり、学生同士で交流する時間がありました。

 

0250_DSC_1439.jpg

 

「もう一回出たい……」と涙目の市村さん。

「それはできない。次に何かする時に、この気持ちを思い出そう」と、パティスリー ラ・ローズ・ジャポネの五十嵐シェフが励まします。

 

0241_DSC_1430.jpg

 

齊藤美久さん「2位って悪くないよ。追うものもあるし、追われるものもある」

土屋シェフ「おかやま三陽高等学校は、とにかく桃がおいしかった。東京は難しい。ないんだもの、旬が。ケーキは、とてもおいしかったよ」

五十嵐シェフ「頑張れ!娘たち」と、多くのシェフから温かいお言葉をいただき、泣き顔からだんだんと表情が明るくなっていく三人。

そこへ、「あの……メッセージもらっていいですか?」と、北海道帯広商業高等学校のチームがやってきました。

 

0298_DSC_1518.jpg

 

0310_DSC_1539.jpg

 

市村さん「えっ。私でいいんですか?」と恐縮しつつ、お喋りしたり写真を撮ったりして、互いの健闘をたたえ合っていましたよ!!

467チームの2位は、三人の努力の証。後輩たちにとっても、輝かしい道しるべとなることでしょう。「東京らんこんとる」に、改めて盛大な拍手を☆★

 

0277_DSC_1486.jpg

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加