「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

貝印スイーツ甲子園東日本Bブロック大会に、レコールバンタン高等部「Reinette」が出場!激闘を制したのは…?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.09.22東京

今年で11回目を迎える貝印スイーツ甲子園に、レコールバンタン高等部「Reinette」が出場しました!

 

0414_DSC6410.gif

 

貝印スイーツ甲子園とは、高校生3人1組でチームとなり、世界にひとつしかないスイーツを創作する大会。

今年度は、全国から266チームがエントリーしました!

 

そんななか、書類選考を突破したレコールバンタン高等部のチーム「Reinette」は、

東日本大会Bブロックに出場する6校に残りました。

 

このブロックを制した1チームが、決勝大会へとこまを進めます。

 

今日の調理試験では、2時間以内に課題作品「ジェノワーズ(スポンジケーキ)にクリームをサンドしたデコレーションケーキ」と、

3時間以内に自由課題「私たちの極上スイーツ」を仕上げます。

 

0057_DSC5949.gif

 

会場から、密着レポートします!

 

<3時間の熱戦をレポート!>

まずは、課題作品のジェノワーズ作りからスタート。

 

0031_DSC5916.gif

 

生地を、オーブンへ入れるときに「学校のオーブンより、火力が強いかな……?」と、念入りにチェックする場面も。

 

<残り2時間>

おや!?勝山さんが、風船に飴をたらしています。一体、何を作っているのでしょう?

 

0072_DSC5971.gif

 

 

篠浦さんは、色づけした飴を、お手製の型に流し込んでいきます。

 

0163_DSC6088.gif

 

 

<残り1時間30分>

孕石さんが、ナッペに取りかかりました!回転台を回しながら、ジェノワーズに生クリームを丁寧にぬっていきます。

 

0126_DSC0548.gif

 

 

「絞り」は、同じ大きさにしぼれるよう、力の加減や、口金の角度に気を配りながら行います。

 

0145_DSC6063.gif

 

 

「できましたー!!」と、まずは課題作品が完成。

 

0159_DSC6083.gif

 

 

そして、同時進行している自由課題のショコラブラン(ホワイトチョコレートのムース)作りに取りかかります。

 

<残り1時間>

ショコラブランに、フリーズドライのフランボワーズ、生地を入れます。これを冷やし固めます。

 

0295_DSC6227.gif

 

 

また、「飴、どうー?」「色は、大丈夫?」と声をかけながら、進めていきます。

 

作業を見守っていた大会アドバイザー大森先生も

「アメの配色がキレイですね。アメの色づけは難しいですが、よい形でできています」とコメント!

 

0214_DSC6143.gif

 

 

<残り30分>

飴のパーツを組み立てていきます。平面的だった飴が、立体的になってきました!

 

0374_DSC6347.gif

 

残り18分の時点で……「できたー!!」と、三人そろって元気よく宣言できました!

 

 

<自由課題のプレゼンテーション!>

調理後は、EN VEDETTE(アンヴデット) 森 大祐オーナーシェフ、

MAISON GIVRÉE(メゾンジブレー) 江森 宏之オーナーシェフへのプレゼンテーションタイムです。

 

0400_DSC0600.gif

 

 

「私たちの作品は、『ASOBI』です。ジョコンドには白味噌を使って、ほどよい塩味をプラスしています。

また、甘酒のクリームには、酒粕の風味が出すぎないように、酒粕入りのものと米麹のものをブレンドしています。

ジュレには白桃とフランボワーズを使いました。これらの甘み、酸味、塩味を包むようにショコラブランムースで仕上げています」

 

0407_DSC6394.gif

 

 

「飾りは、伝統と遊びを表現しています。緑は生け花を、二つの球体は手鞠をイメージしました。

羽を広げた折り鶴は、『優勝まで羽ばたいていけるように』という願いを込めて作りました。

日本の伝統の素晴らしさや、私たちの遊び心も楽しんで召し上がってください!」と、しっかりとアピールすることができました。

 

他チームからも、飾り寿司をイメージしたスイーツや、こぼれ桜をイメージしたスイーツなど独創的なものが勢揃い。

 

 

<調理試験を終えて……三人の感想は?>

篠浦さん「最初のうちは、なぜか計量器をふたつ手にしていたり(笑)とても焦っていました。

でも、お互いに声を掛け合っていくうちに、少しずつ緊張がほぐれて楽しめました」と、にっこり。

 

0509_DSC6532.gif

 

 

勝山さん「オーブンの火力が、学校のものに比べて弱くて……

本当は9分で焼きあげるところが20分近くかかってしまったんです」と、不安な点も!

 

<!!結果発表!!>

出場校が揃い、結果を待ちます。総評では……

森シェフ「どのチームもキビキビと動いて、おいしいケーキを作っていて感動しました」

 

0433_DSC0621.gif

 

 

江森シェフ「チームごとの点差は、大きくありません。いちばんの決めてとなったのは、味。

ケーキに入れるものの種類を増やせば、おいしくなるわけではありません。主役を決めて、それを支える構成にすることを意識して」とアドバイスも。

 

0454_DSC0639.gif

 

 

それでは、結果を発表します。貝印スイーツ甲子園東日本Bブロック大会を制したのは……

名古屋調理師専門学校「I’ll」チーム!昨年度の優勝校が、決勝大会へと進むことになりました。

 

0461_DSC6448.gif

 

 

孕石さん「勝ちたいという気持ちはありましたが、名古屋調理師専門学校は強かったですね。

でも、憧れだった大会に出られて楽しかったですし、ナッペはかなり練習して上手になりました」

 

0479_DSC6479.gif

 

 

勝山さん「悔しさもありますが、いい経験になりました。オーブンを使いこなせず、生地が思うように焼けなかったので、

もっと上手く作れるようにこれから頑張りたい」と、前向きに語っていました。

 

<交流会も、学びの場>

発表を終えて、各チームのケーキを試食する時間に!!

 

0477_DSC6473.gif

 

 

「ケーキバイキングみたい!」と、みんなワクワク。

 

また、シェフたちから「絞りは、いちばんキレイでした」

「自由課題は、まとまりがあってスゴくおいしかった。未だまだ、これから!」と、

お褒めの言葉もいただき、少しずつみんなの表情が明るくなりました。

 

0511_DSC6534.gif

 

そんな中で「おめでとうございます!」と、優勝チームに明るく話しかける勝山さん。

 

あるシェフから「悔しくても、優勝チームにはおめでとうって声をかけて。質問をして、交流を深めて」というアドバイスをもらったそう。

 

0513_DSC6542.gif

 

 

結果は悔しいものでしたが、出場して得られたものはとても大きかったはず!

 

力を合わせて、「私たちの極上スイーツ」を作りあげた「Reinette」に拍手!!

 

0417_DSC6414.gif

 

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加