お問い合わせはこちら

フリーダイヤルの受付を停止中※資料請求は受付中

「食」のデザインスクール レコールバンタン高等部

  • HOME
  • レコールバンタン高等部とは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項

第12回貝印スイーツ甲子園 東日本ブロック予選大会にレコールバンタン高等部チームが出場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.10東京

 

 

暑い夏がやってきました! 夏といえば甲子園ですが

野球にも負けない熱い戦いが、

スイーツの世界でも繰り広げられているのです。

 

0005_85D_7840.jpg

 

今年で第12回を迎える「貝印スイーツ甲子園」は

包丁や調理用品を取り扱う総合刃物メーカーの貝印株式会社が

主催する高校生のスイーツ日本一を決定するイベントです。

 

 

高校生3人1組でチームとなり

お菓子作りの技術とアイデアを競い合います。

 

0022_85D_7908.jpg

 

 

書類審査では、テーマに沿ったオリジナルのレシピを提出します。

今年のテーマは「カスタードを使ったケーキ」です。

 

0406_85D_8872.jpg

 

125校350チームが応募をしましたが

審査を通り予選大会に参加できたのは

東日本ブロックと西日本ブロック各12チームという狭き門!

 

そんな中、レコールバンタンからは

なんと2チームが書類審査を通過し、

8月6日、7日に東京栄養食糧専門学校にて開催された

東日本ブロック予選大会に出場しました。

 

 

参加12チームは、6日と7日6チームずつ分かれて予選大会を競います。

食材や調理用品などの基礎知識を試す筆記試験と

3時間の調理試験の結果、それぞれの日程で1チームずつが

選ばれ、9月15日に開催される決勝大会に出場できるのです。

 

3時間の調理試験は、まず2時間以内で

ジェノワーズ(基本のスポンジケーキ)にクリームを

サンドしたデコレーションケーキをつくり、

さらに書類審査で応募したオリジナルケーキを完成させるというもの。

 

0035_85D_7951.jpg

会場に用意されている調理器具を使い、

たくさんの観客や審査員の方が見守る中での制作は

どのチームにとっても厳しいものでしょう

 

 

0037_85D_7956.jpg

0151_85D_8267.jpg

 

レコールバンタンから参加したのは、

チーム「papillon」とチーム「Rig」。

どちらも2年生のみのチームです。

7月中旬からはこの大会に向けて

特別な強化トレーニングも積んできました!

 

 

6日の予選大会に出場した山本美咲さん、横山朝希さん、鹿内香菜美さんの

チーム「papillon」の応募作品は、

生姜のムースリーヌを紅茶のムースで包んだ上に

シュークリームや飴細工で作った蝶、プラチョコで作った花を

あしらったロマンティックなアントルメです。

 

 

残念ながらチーム「papillon」は決勝進出を逃してしまいましたが

「出場できて楽しかった」「いい経験ができました」と

話してくれました。

 

7日に出場した高橋愛華さん、浦慎之介くん、及川麗さんの

チーム「Rig」の応募作品は、イチゴを入れたムースリーヌと

ブルーベリーのジュレを入れたムースフロマージュの2層構造。

 

0301_85D_8516.jpg

デコレーションとして、飴細工やマジパンを使い

のどかな牧場の風景を再現しています。

 

家族のみなさんや、コーチとしてチームをサポートしてきた

グランパティシエコースの原田くん、そしてレコールバンタンの

同級生たちが見守る中、調理試験に真剣に臨むチーム「Rig」の3人。

 

0139_85D_8241.jpg

0268_85D_8459.jpg

 

残り7分になったところで、ケーキを冷蔵庫から取り出し

仕上げの飾り付けに取り掛かりますが、ここでアクシデント。

飴細工で作った太陽が、パリッと音をたてて折れてしまったのです!

 

0205_85D_8351.jpg

0294_85D_8492.jpg

 

しかし、ここで3人は慌てず、浦くんは折れた部分の修復を、

及川さんと高橋さんはそれ以外のデコレーションに集中します。

 

 

そして制限時間ギリギリでしたが、無事に完成!

 

0297_85D_8498.jpg

0298_85D_8501.jpg

 

 

その後、審査員のメゾンジブレー・江森シェフ、

パティスリーユウササゲ・捧シェフを前に

プレゼンテーションを行い、調理試験は終了しました。

 

0324_85D_8582.jpg

 

しばし審査結果を待つ間、チームのメンバーに

大会に参加した感想をうかがってみました。

 

 

「練習の時と違い、時間の余裕がなくて焦ってしまい、ちょっと悔しかった。

他のチームを見て、プレゼンももっとがんばらなきゃと感じました」

(及川さん)

0308_85D_8535.jpg

 

 

「大会の緊張感、器具や環境、特に室温の違いから、練習通りには

いかなかったけれど、今は無事に終わってホッとしている。

プレゼンの時に他のチームの作品を見て、すごいと思いました」

(高橋さん)

0304_85D_8526.jpg

 

「飴が折れたときにどうしようかと思いましたが、間に合って

本当によかった。今後の授業にも役立つすばらしい経験ができました」

(浦くん)

0185_85D_8323.jpg

 

 

3人とも先ほどまでの緊張感から解き放たれて、いい笑顔でした。

 

0418_85D_8909.jpg

 

チームを支えてきたコーチの原田くんは

「慣れない環境にも対応できて、力をしっかり出せていたと思う。

よくやった!」と、3人を褒めたたえていました。

 

 

そして結果発表……。

7日の最優秀賞はチーム「Rig」!

 

9月15日、武蔵野調理師専門学校にて開催される

決勝大会の出場権を獲得しました。

 

0386_85D_8789.jpg

 

 

課題のジェノワーズのクオリティ、

食材の扱いや、調理台の片付けといったパティシエとしての

立ち居振る舞いが高く評価されたと

審査員のおふたりから、講評がありました。

 

0341_85D_8654.jpg

 

一方でオリジナルケーキについては

「味の組み合わせに、学生らしい新しさがないので

決勝大会では、もっとチャレンジしてほしい」と

アドバイスをいただきました。

0403_85D_8861.jpg

 

決勝という大きな舞台でも、チーム「Rig」の健闘を祈っています!

 

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加